増毛と自毛 増毛をしようと考えている方は自毛が必要なのです。増毛をする為には自毛が残っていなければ施術する事が出来ないのです。増毛の方法と言う物は一般的に人工毛髪を自毛に結んでいきますので、自分の毛がなければ結ぶことが出来ないのです。全く自毛が生えていないというところに増毛をすると言う物は不可能だということですね。少しでも自毛が残っていればその部分に5−6本つければボリュームが出ますから薄い部分や全く生えていない部分が他にあったとしても、カバーして隠す事が出来るためにすが、それも少し自毛が残っていてこそです。 ですから自毛が全くないと言う場合には増毛する事が出来ないのです。そして自毛に対しては、増毛を行う事により自毛に負担がかかってしまうはずです。自毛に負担がなぜかかるのかといえば、自毛1本に対して数本人口毛髪をとりつけますからかなり負担が掛かりくるんですね。 健康な自毛なら良いのですが、不健康な自毛であったり、弱りかけているような自毛ともなればその負担はかなり大きくなってしまいますから、増毛をしたことで、逆に抜け毛を増やしてしまうことにもなりますからす。ですから増毛が必ずしも良いというようなことではありません。 髪の毛の状態や髪の毛の健康具合、薄毛具合などを見ながら負担がかからない事をチェックしたうえで増毛をすることを考えた方がいいことがあります。 増毛を受ける施術機関で、カウンセリングを受けて負担がかからないかどうか確認してから行ってくださいー